-NEW- ClubDOG TODAY

・・・「地球上でこの上なく愛すべく家族としてのワン達」 +「ClubDOGスタッフ」の間で繰り広げられる、ヒキコモゴモ(?)のドタバタ日記・・・ 「 I ♥ DOG」気分満タンの毎日の様子を更新致します。

Entries

「The Trurh About Dogs/犬の科学」

「しつけ方セミナー」鳥川先生の講義をお聞きしてふと思い出した
本の一節ちょっと書き記したくなったのでこちらに残します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほんとうの性格・行動・歴史を知る

著者: スティーブン・ブディアンスキー 
1978年 イエール大学で科学学士を取得
1979年 ハーバード大学で応用数学修士を取得。
科学雑誌ネイチャー編集長を経て、USニューズ・アンド・ワールド・レポート誌の
副編集長となる。本書のほかに、猫、馬。野生動物、暗号解読など多様な分野で
個性的な書物を執筆。
米国バージニア州リースバグ在住。科学者、作家、ジャーナリスト。そして犬好き。
発行:築地書館株式会社

この本、犬の遺伝学&行動学を知る上で分かりやすく興味深く書かれているので
読まれた方も多いと思いますが、
まっ、翻訳本にありがちな回りくどい?同道めぐり?と思える訳が、
少しばかり難っちゃあ難ですかねっ(笑)

でも、以下に掲載したこの本のエピローグ部分は良かったですよねっ
こんな感じでクロージングされていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に
犬を
犬の欠点を
犬の遺伝子を
犬にたかるノミまでも
犬の何もかもを愛してやまない人へ


私とおなじように、いぬの全てを愛している人が、
犬の科学を学んで得られる新しい視点に立つとき、驚きと安らぎの世界が広がる。
現代社会で犬は、さまざまな奇妙な問題行動をする。
犬にまつわるトラブルの大部分は結局のところ、われわれ人間が、
犬に非現実的な多くの事を望みすぎることから来ている。

人間の希望どおりに犬が振舞わないからといって、
落胆するのはフェアではない。
犬の問題行動は、少なくとも論理的には、
欠陥遺伝子や近親交配ホルモン濃度の異常などに比べれば、
はるかにたやすく改善できる。

必要なことは、あるがままの本当の犬を、偏見なく認めることである。

真の友情とは、せんじ詰めれば、相手を理解し受け入れること。
頭の中にでっちあげたフィクションに、現実を合わせようとすることはできない。

われわれは、そのままの犬を見て幸せだし、犬もそうしてもらえれば幸せだ。
犬には犬として見ている世界があることを認め、
犬の社会秩序が人間とは違うことを私たちが知ることは、
犬の尊厳を否定することにはならない。
それは、地球上の生命の多様性と不思議に感動することである。
微妙な感性や、難しいことに、犬の知能と理解力が及ばないのは事実だ。
しかし、人間が人間以外のほかの動物に対して、
その動物が人間らしく振舞ったときに褒めてやるのは、
そもそも変ではないか、と私はいつも思う。
犬は人間みたいだと褒められても、なぜなのかわからないし、
あいがたいとも思わない。
本当の犬の役でなく、人間もどきの役柄を演じさせられるのは、
決して犬の望むことではない。
実際のところ犬は、人間の役を、人間と対等に完璧にこなそうとも思っていない。

彼らは、犬でありたいのだ。

人間にとって幸いなことに、犬であることとは、
リーダーに服従し社会秩序に従って幸せを感ずることであり、
人間を満足させる役を喜んで引き受けることなのだ。

犬は犬であり、人は人である。
そして、両者が出会い、互いに違う考えと世界観を持ちつつも、
交流し、互いの生活を豊かにし合うということは、
なんとすばらしく高尚な営みではないか。
犬が人間に与えてくれる喜びは、肉体的で、しかも知的でもある。
それは自分とずいぶん違った者の心に触れ、それを感じ取る喜びだ。
さらには、地球上にこのようにすばらしい生命の流れをつくりあげた、
壮大な進化の力に心を奪われ、畏敬の念さえ覚えるだろう。
われわれ人間が、多くの動物種の一つであることを、
犬はいつも思い出させてくれる。
そして、われわれが特に考える事もなく、日常的に受け入れている、
決まり切った人間社会と世界の約束ごとは、
進化が生み出したあらゆるものの中では、実は、偏狭そのもの、
独りよがりもいいところだ、と思い知らせてくれる、それが犬なのである。

犬社会を支配する原則、犬がどのように世界を観察し、
どのように認識しているか、
世界の事物の関係をどう理解しているか、
犬の動機と感情などを知ることは、まぎれもなく科学であり、
われわれを豊かにしてくれる。

そして、この本の冒頭で述べた通り、
(注釈:冒頭1章は「人は、なぜ犬をかわいがるのか?人が犬に飼われてる?」
から始まります。)
そのことが、われわれ人間にも、また犬にとっても役立つのだ。

愛している者に、自分の分身となることを求めるのは、悲しく痛ましい。
それは、浅はかで、結局は実りのない愛にすぎない。
人間と犬には多くの共通点がある。
もしそうでなければ数千年前に、同じ生態系で、
一緒にキャンプを張ることは決してなかっただろう。
また、同じ気持ちになることも決してなかったであろう。
そして、心を引き裂く無理解の壁を、互いに突破することはできなかったに違いない。

しかし、進化は、共通の運命も、互いの相違点も用意してくれた。
そして面白いことに、この相違点こそが、結局、人間と犬の絆を結ばせたのある。

犬が人間なら、ただの間抜けだ。
犬は、犬だから、すばらしい。そのことを直視しよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、いかがでしょう?
犬は、犬だから、すばらしい のですよねっ(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

+++ClubDOG+++

トリミング/HOTEL・お預かり いぬのほいくえん&CLUB 遊びたい子集まれ!! ●ご予約お問い合わせお気軽に!! お店の場所は □■■池田市天神1丁目1-9 ジョーシン・ピットワン東隣 TEL/ FAX :072・761・3900 携帯:080・6123・4921 ホームページ:clubdog.jp■□■

ClubDOG TODAY

Author:ClubDOG TODAY
本日、Hana「10歳のお誕生日」なので~、極めて私的に私の好きな一節を(笑)
「犬を 犬の欠点を 犬の遺伝子を 犬にたかるるノミまでも 犬の何もかもを愛してやまない人々へ ・・・中略・・・ 犬が人間ならただの間抜けだ。犬は、犬だから、すばらしい。そのことを直視しよう 」
犬の科学 
スティーブン・ブディアンスキー著渡植貞一郎訳より  

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

名言に耳をすませば

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード

フリーエリア

旬の花時計

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー